スポンサードリンク


ビタミンと歯肉炎

歯肉炎にはビタミンの摂取が効果があるとされています。歯肉炎の低年齢化が危惧されていて、小学生にも増えているといわれています。これは、もしかしたらビタミン不足が原因のひとつかもしれません。



ビタミンA、ビタミンC、βーカロチン、ビタミンEは、強力な抗酸化作用を持つことで知られています。歯肉の炎症は活性酸素による可能性が高いですから、猛毒の活性酸素を無毒化する抗酸化作用をもったこれらの栄養素が効果があると考えられます。



歯肉炎による出血、腫れにとどまらず、歯を支えている歯槽骨が破壊され、やがて歯が抜ける歯周炎を併発する歯周病となる事は避けたいところです。この病気の怖いところは進行に気がつかないことです。また、何らかの自覚症状があってもそれを重要なことだと考えないところです。



歯を支える歯槽骨は、カルシウムの貯蔵庫です。血液中のカルシウムの濃度が下がると、ここから溶け出して、不足したカルシウムを補う仕組みになっています。ですから、カルシウムを充分摂らずにいると、歯周病でなくとも、歯を支える土台がぼろぼろになり、やがて、歯が抜けてしまいます。歯が抜けるの防ぐには、カルシウムとビタミンDを摂ることです。



歯肉炎に気づいたら、ビタミンA、ビタミンC、βーカロチン、ビタミンE、そして、ビタミンDとカルシウムを充分に取ることがおススメです。

ビタミン サプリ 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。