スポンサードリンク


イチゴ

イチゴには100g あたりにキシリトールが約 350mgと豊富に含まれています。したがって、食事の後にイチゴを食べると虫歯予防が期待できます。ただし、イチゴには果糖も含まれていますから、歯磨きは必要なようです。イチゴは、虫歯予防効果を上げると考えた方が良いようです。



イチゴには、抗炎症作用もあることで歯周病予防を期待できます。イチゴは、虫歯予防とともに歯周病予防を期待できるといえます。



さらに、イチゴ1個には、ビタミンCをレモンの約半分、10mg前後含まれています。成人が1日に必要とするビタミンCは約50mgですので、4〜5個を食べれば必要量を摂取することができます。しかも、イチゴ5粒のカロリーは約20〜25kcalと低カロリーなところも魅力のひとつです。



イチゴは、ビタミンCなどを豊富に含むことで、様々な効能を期待できるようです。例えば、ビタミンCは、細胞の結合組織であるコラーゲンの生成に必要な成分であることから、シミ、ソバカス、小じわ、肌荒れを防ぎ、ハリのある肌を保つ効果を期待できます。



また、粘膜の抵抗力を強くし、風邪の菌やウイルスに対する抵抗力を高め、風邪の予防、回復を助ける効果や、抗ストレス効果を期待できます。



そして、新陳代謝を活発にし、疲労を予防する効果や、細胞の老化現象の原因である活性酸素を除去する効果によりアンチエイジングを期待されています。



また、ミネラルのカリウムを含むことで、体内に蓄積された塩分の排泄をする働きがあり、高血圧の予防効果も期待できます。



さらに、ピロリ菌の生育を抑える抗菌作用や、脂質の過酸化やコレステロール値の抑制効果もあるといわれています。

イチゴ 最新一覧 By 楽天
タグ:イチゴ

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。