スポンサードリンク


ロイテリ菌カテゴリの記事一覧

ロイテリ菌

ロイテリ菌が虫歯予防に効果があるとされています。ロイテリ菌は、ラクトバチルス ロイテリ菌 (L ロイテリ菌)のことで、母乳の初乳に多く含まれることが知られています。



ロイテリ菌は、そのため、新生児の腸内に最初にコロニーを作る菌であり、消化管全体に強固な体内常在菌叢を形成すると考えられています。また、ロイテリンという天然免疫物質を出して免疫力を強化する作用があるとされています。



ロイテリ菌は、200種類以上体内に存在する乳酸菌のひとつで、広島大学歯学部附属病院の二川浩樹講師のグループが、虫歯菌(ストレプトコッカスミュータンス)の発育を阻止し、殺菌効果があることを突き止めた善玉菌です。



ロイテリ菌は、スウェーデンでも研究されていて、それによると、虫歯菌の殺菌効果だけでなく、プラークを減少させ、歯周病原因菌を減少させることで、中程度から、重度の歯肉炎の緩和効果が期待できるとされています。しかも、口腔内の定着率が高いことで長期間効果が持続するのが特徴です。



ロイテリ菌は、口腔内で効果を発揮する出来でなく、ピロリ菌を減少させる効果もあり、乳児疝痛の改善効果や、乳児アトピー性皮膚炎の軽減作用、抗生物質による副作用の軽減効果や、細菌感染症の抑制、誤嚥性肺炎の低減なども期待できるとされていて、ヒト由来のため高い安全性をもちます。

タグ:ロイテリ菌

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。