スポンサードリンク


歯科治療と金属アレルギーカテゴリの記事一覧

歯科治療と金属アレルギー

歯科治療と金属アレルギー


歯科治療と金属アレルギーとは実は、無関係とは言えないんです。
手や足に原因不明の湿疹や水泡が出て肌が荒れてしまう症状が出たり
口の中の歯茎が荒れたりする場合、いろいろと原因は考えられるんですが、もしかしたら歯医者さんでの治療が原因の金属アレルギーかもしれないんです。



歯の治療で使用される金属にはインプラント(詰め物)でチタン、
被せ物では金、白金、銀、パラジウム、アマルガム、コバルト、ニッケル、セラミック、レジン樹脂などの金属が使われます。



セラミック=チタン>金、白金>パラジウム>コバルトクロムニッケル>アマルガム(水銀の合金)の順に金属アレルギーの症状を引き起こしやすいといわれています。
※レジン樹脂はアレルギーに関してあまり報告されていません。


金属アレルギーは一般にアクセサリーやピアスなどが原因とされることが多いんですが、実はアレルギーの人の半分近くは歯のつめものやかぶせものが原因ともいわれています。


歯科治療では実際に口の中に金属が入るわけですから、人体への影響も大きくなるのは、当然といえば当然かもしれませんね。



審美歯科では、審美的な要素からインレーを金属からセラミックやレジンに治療しなおすといったことを行いますが、色々と問題の多い金属を治療に使い続けることの方が適切ではないのではないでしょうか?


人体への影響から考えても審美歯科での治療技術が
生かされる必要があると思います。

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。